スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この356 4コマ熱

今年はけっこう、
今かいている漫画のことばっかり考えている年でした。
読みきりなのに。

いまその原稿をかいているのだけれど、
ふいに4コマがかきたくなった。
ふいに4コマをかきたくなることなんてしょっちゅうある。でも我慢する。
私、けっこう自分のかく4コマ漫画って好きなんです。

3日くらい何もしなくていい日があれば、
ひたすらくだらない4コマ漫画をかきまくりたい。


そういうわけにもいかないので、
ちょっと仕事をさぼって2本だけかきました。

ホームページのほうから見れますんで良かったら見てね。
スポンサーサイト

この355 トンボの季節にしょんぼり

本屋さんの中を、トンボがぶんぶん飛んでいた。

最初に気付いたのはたぶん私で、
なんか無性に楽しくなって、
だれかと面白がりたくてたまらなくなって、思わず店員の青年に、
「トンボがいますよ!ほら!」と話しかけてしまった。

おとなしそうな青年はトンボよりもむしろ
気安いおばさんであるところの私にたまげたようで、
言葉につまり、ちょっと間を空けてから

「…はい」とつぶやいた。

うん、まあ、「はい」ですよね…



昔、アシスタントに行ったとき、
道端でトンボをつかまえたので、
しむらさんに見せびらかそうと
仕事場の階段をかけあがってドアを勢いよく開き、
「しむらさん見て!!トンボ捕まえ」

「た!」を言い切る前に「捨ててきなさい!」と怒られた。

私が、先生に叱られる小4男子のようにしょんぼりしたら、
しむらさんはあわててかけよってきて、
しかし明らかにトンボにびびりながら
「どれ!?見せてごらん」とやさしくフォローしてくれた。
それもまた先生が小4男子をあやすように。



今日、庭にトンボが来ていたので捕まえて、
温室育ちの猫どもを引かせてやろうと網戸ごしに見せようとしたが、
猫は別件で忙しいようだった。

昆虫捕まえて、相手してもらえないのってほんとしょんぼりするわ。


--------------------------------------------------

いま発売中の「ねこメロf(フィーネ)」という
ねこ漫画のアンソロジーに、
「うばねこ~みぃさまとあたくし~」の
4話目と5話目が再録されております。

どうぞよろしくおねがいします。


この354 ふぐごめん、の思い出

美容院で洗髪をしてくれた青年が、
「山口県出身」だとかで、
そういう話題に入った瞬間、私は
「やばいやばいやばいやばい」と思っていて。

私は、山口県のことは何も知らない。
というか、ほとんどの県のこと何も知らない。
生まれ育った東京や神奈川のこともけっこう知らない。
だから、もう、文豪のだれそれがどうしたとか
幕末のだれそれがああしたとかいう話題は
全然振れないし、振られても答えられないのです。

自慢の「城」の話とかされたら、「ああ…はあ…」みたいな、
ものすごく失礼な対応しか出来ない自信があるので、
あわてて先攻、
「山口県のおいしいものって何ですか?」と尋ねたところ、
「ふぐ」という。

出た!「ふぐ」!
「下関のふぐ」!
一回だけ食べたことある!ふぐ!アレね!

アレかー、そうかそうか。まいったなあ。


美容師さんが言うには、東京ほどではないものの、
下関でもふぐは高級魚で、ぜいたくなものだという。

彼は帰省すると、「せっかくだから」ということで、
仲間とお金を出し合って、ふぐを食べにいくのだそう。
(↑奮発すれば、若者同士でもふぐ料理を食べられちゃうっていうあたりは、
さすがご当地!って感じがする)

そして彼は、東京に戻ってから、気心知れた友人らと食べた
かの日のふぐの味を振り返るのだという。


「…や、おいしいはおいしいんスけど、
ふぐの味思い出そうとして思い出すのって、いっつも
”ポン酢”の味なんスよねー…」

下関のひとの口から飛び出したそのひとことで私は、
一気に許された気がしたのでした。

ふぐごめんなさい。
私の、ふぐ食べたときの感想、おんなじだわ。

や、おいしいはおいしかったんスけど。


この353 青い花トリビュート

いま発売中の「マンガ・エロティクス・エフ」vol.59、
特集「青い花トリビュート」に寄稿させていただきました。
ありがとうございます。
とっても豪華な顔ぶれ、はしレンジャーも揃っているよ。
たくさんの作家さんが参加されて、うわっと一斉に
「青い花」のことを描いている様子は壮観ですよ。

青木俊直さん・青木光恵さん・阿仁谷ユイジさん・アントンシクさん・五十嵐大介さん・岩岡ヒサエさん・オノ・ナツメさん・小原愼司さん・桂明日香さん・雁須磨子さん・河内遙さん・河原和音さん・鬼頭莫宏さん・今日マチ子さん・咲坂伊緒さん・沙村広明さん・高橋しんさん・田中圭一さん・谷川史子さん・釣巻和さん・中村明日美子さん・灰原薬さん・羽生生純さん・古屋兎丸さん・星野リリィさん・堀田きいちさん・松田奈緒子さん・松苗あけみさん・松本次郎さん・三宅乱丈さん・安田弘之さん・陽気婢さん


ふー。敬称略しようかと思ったけど、こわくてできんかった。

うっかり伊勢丹に飛び込んじゃったアブラゼミみたいな気持ちです。
参加できてうれしい、けど良かったのだろうか。
生きてて良かった、けど良かったのだろうか。
志村さんちの猫のつめ切り係やってて良かった。これはふつうに良かった。
カーテンばりばりにされちゃうからね。

同じく発売中の「青い花公式読本」と併せてぜひ。
しむらさんのインタビューやアニメ製作秘話やかきおろし番外編も読めて、楽しいよ!

私が言うのも変ですけど。
いや、そんなことはない、どうぞよろしく!






この352 身に覚えのないサラサラ

今年に入ってからどうも体調を崩しやすく、
春ごろからちょいちょい医者にかかるようになった。

最近になって、馴染みの医師から勧められて、血液検査を受けることに。

自慢じゃないが私の不摂生ぶりはちょっとしたものだと思う。
寝不足と寝過ぎを繰り返し、昼夜逆転当たり前、
大食らいで、酒を飲み出したら酔い潰れるまで飲み、
運動らしい運動はまずしない。
谷川史子さんからサインをいただけば
「カンゾーたいせつに」と書いていただけちゃう始末。

血液なんて、封筒に封ができるぐらい
ドロッドロなんじゃなかろうか。


数日後、ドキドキしながら検査の結果を聞きに病院へ行ったところ、

なんと、ひとつを除いてすべて基準値以内、
超サラッサラの血だという。
しかもその、唯一基準を大きく上回る数値を出したというのは、
善玉コレステロール値だった。
これからもサラサラする気まんまんですか。

どうなっちゃってんだ私は。
体内に、心優しきモンスターでも棲んでいるのだろうか。

医者は、検査報告書を見ながら、
病院ではなかなかお目にかかれない
健全な数値だと言い、
「あなたぐらい雑に生きているひとも珍しいのにね」
などと余計なひとことを付け加える。うるせえ。


私もなんでか気味が悪くなって、思わず
「私…仮病なんですかね?」
と尋ねる。

そんなこと訊かれても、医者だって知らねえよなあ。


これからは、堂々と献血を受けられるぞ。



この351 いきなり寒い

ひとり身ながらパイナップルを丸ごと1こ買ったことを自慢したいのだけど、
スーパーで普通に売ってるものを自慢されても、
読む方は困りますでしょうか。



隣のアパートの若者が仲間を呼んで馬鹿騒ぎをしていて、
やかましいったらありゃしません。
まるで、過ぎ行く夏に怯え、焦り、
鳴き喚くセミのようです。

おまえらいっそのことセミと一緒に…いやいやそんなこと思っちゃいけないよ、
と自分をたしなめるのもいいかげん限界なので、
ちょっとフテ寝してからまた漫画かこうと思います。



最近の自分のブログの猫バカぶりがひどくて、
恥ずかしいから今日は猫かんけーないことを書こうと思ったのです。
しかし今日いきなり肌寒かったために、
猫はしつこくまとわりついてきて、
それに関しては良い心持ちでした。

ああまた猫のことを書いてしまった。
学生さん、2学期ですね、そこそこがんばろう。
(雑なエール)


ではおやすみなさい。

でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
なまピなまポ
http://
namapinamapo.tuna.be/

【コミックス発売中!】

画像をクリックすると
Amazonページへ飛びます



逆流主婦ワイフ(2)
(KADOKAWA)


土曜ランチ!(2)
(竹書房)

wife_hyo1_151202.jpg
逆流主婦ワイフ
(KADOKAWA)

nekojima.jpg
ねこ島出張所の人びと
(電子書籍、集英社)

doran01.jpg
土曜ランチ!(1)
(竹書房)

mochisuka.jpg
餅巣菓さんに呼ばれる
(集英社)

lovebo02.jpg
ラブフロムボーイ(2)
(電子書籍、朝日新聞出版)

miyakomoomoo.jpg
みやこむーむー
(小学館)

nigegoshi.jpg
逃げ腰 怨さんぽ
(実業之日本社)

51jN82yzwRLSL150.jpg
私という猫(新装版)
(幻冬舎コミックス)

yobigoe.jpg
私という猫~呼び声~
(幻冬舎コミックス)

lovebo.jpg
ラブフロムボーイ
(朝日新聞出版)

gekkobasi.jpg
月光橋はつこい銀座
(幻冬舎コミックス)

wata_kyu.jpg
私という猫
(幻冬舎コミックス)

real2.jpg
リアルワールド 下
(小学館)

rial1.jpg
リアルワールド 上
(小学館)

【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。