この384 5万回 すべって気付く 打ちどころ(こころの俳句)

「♪おいでイスタ~ンブ~ル~ 人の気持はシュ~ル~」って、
”あんたの歌のほうがよっぽどシュールだよ!”って
かれこれ5万回はつっこんだであろう、
庄野真代の『飛んでイスタンブール』(1978年)について。

この曲の主人公は”イスタンブール”を”好きよ”と言うわりに、
実際のトルコのイスタンブールとは無関係の
”蜃気楼”やら”砂漠”やらのある場所に”飛んで”しまっていて、
さらに、そんな過酷な環境下で
”ジタン(フランスの煙草ブランド)”を吸う男から
”しゃれたグラス”の酒をおごられたり
電話一本でふられたりしているうっかり者である。


昭和の歌謡曲には、
歌詞を咀嚼しようとすればするほど謎が深まるものが多々あるけれど、
”飛んでイスタンブール”は70年代ヒット曲の中ではもう文句なしに
トップクラスの”不思議歌謡”だと勝手に決めていたし、
全国的にそう思われていると思っていた。
(80年代は80年代で、また違ったタイプの不思議歌謡がいっぱいヒットしていた)

ところが今日、この曲を聴いていて、ふと、
『もしかして、”イスタンブール”って
”地名”じゃなくて、”店名”なんじゃないか…?』と思った。

日本にある、バー”イスタンブール”なりクラブ”イスタンブール”なりを、
この曲の舞台と設定すると、まさにアラ不思議、ちっとも不思議歌謡ではなくなる。
色っぽい、夜の恋の歌だ。(でもやっぱりちょっとうっかり者ではある)
すごいぞ!

そんなことはみんな、全国的に、だいたい79年頃には気付いていたのだろうか。
もう2010年、かれこれ5万回もしたり顔でつっこんじゃってた、私。
あーあー恥ずかしい。


-------------------------------------------------


志村貴子さんの新刊、
『放浪息子』10巻が発売中です。絶賛です。

今回も巻末オマケ4コマ漫画『放浪貴子』をかかせていただきました。
楽しくかきました。ありがとうございます。
正直、今度こそお声はかからないと思っていました…
かきたいしむらさんがいっぱいあって、ネタを捨てる作業に毎度難儀しています。
イシデふぜいがこんなこと言うのもおかしな話ですけど、
『放浪息子』10巻、よろしくお願いします。



『私という猫 二部』更新しました。ホームページからどうぞ。
やると言ったことをやらない、
やると言わなかったことはもっとやらない私ですが、
念のため予告しておいて良かった。
ブログに「今月中に更新する」と書いちゃったら
応援メッセージを続々といただき、さすがに後に退けなくなりました。

いつもご丁寧に感想送ってくださる方、
初めてメールくださった方も、ありがとうございます。
ひょっこり『リアルワールド』の感想を送ってくださった方、
油断していたのでとてもうれしかったです。
たいへん励みにさせていただいております。
や、すみません、もっとちゃんと励みます。



この383 ゆりもどし

このごろ。

お団子アタマばっかりしてる。
ツナギの作業着ばっかり着てる。
とろろ昆布ご飯ばっかり食べてる。
青汁豆乳ばっかり飲んでる。焼酎も飲んでる。
焼き鳥は毎日でも食べたい。ホルモン焼きも好き。
筋トレに負けない贅肉が腹に乗っかってる。
マクドナルドでプチパンケーキを頼んだら7枚も入っていて、驚いて、
もしかして店員の青年は私のことが好きなんじゃないだろうかと心配になったが、
マクドナルドのプチパンケーキは全国的に7枚入りだそうです。ふーん、あっそう。
33歳、まさかのドクロブームがやってきて、
二十歳前後のお嬢さんが出入りするようなお店で買い物をする。


以上、どうでもよいことを書き連ねたくなった。


都条例について何か記事を書いたひと、その直後に、
無性に意味のないことを書きたくなりませんでしたか?
私はなった。「わんわん!わんわん!働きたくないわん!」とか。
いいかげんなことばっかゆって、ふざけてばかりいたい。
日常、万歳。



最近、何年も前にボツになったネームを、新たに書き直すという
恥ずかしさを通り越してもう変態なんじゃないかってぐらいに
いたたまれない作業をしている。
へたくそな腕前を意気揚々とふるっている過去のおめでたい自分が呪わしく、
うなったりわめいたりしてしまうので、喫茶店等で作業できず、困っている。



今月中、できれば、1回は「私という猫」を更新したいです。
元気を分けてくれ!




















この382 「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案」のこと、続き

とりいそぎ。

【「規制反対!でも具体的にどうすればいいか分からなくて困っている」
という人のために、「具体的な対処方法」に特化した「誰でも見られる」ページ】

http://hijituzai.ehoh.net/

これだけ話題になって広まっているのに
実際に手紙出したりメール出す人はほとんどいない、という情報があります。
「送りたいけれど、なんて書いたら良いかわからない」という方、
じっさいに送ったお手紙の文面をアップしている方の記事も、
上記のページにリンク張られています。参考になりますよ。

私が議員さんに送ったメールでもよければ、
メールフォームから連絡いただければ、書いた文面を返信します。

東京都民の方へ、
「お住まいの選挙区の議員さんにメールか手紙を送ると良いかも」という情報があるようです。
私はこちらのページで自分の住所地から立候補されている議員さんを調べました。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=16512




追記。
17日になりました。
「大人の文章」を書くという、慣れない作業で肩パンパンです。はー…

私の大好きな漫画の中には10代の性を描いたものがいくつもあるし、
大好きな漫画家の方々は、性を描くことに、
それはもう真摯に取り組んでいらっしゃっていて、
そういう、すごい漫画や尊敬する先生たちが、社会で
「不健全」というレッテルを貼られるようになるかもしれないと思うと、悔しくて泣けてくる。
肩パンパンだし、ネーム手ぇつかないし、深夜だし、メソメソもしてくるってもんです。


漫画家が「作品の質」ではなく、
「規制に引っかかった漫画家か、引っかかっていない漫画家か」で
社会的評価をされるようになったりしたら、
しかもその規制ってのが雑で欠陥だらけときたらもう、悲惨ですよ。

いかに質の高い作品を作ろうと「不健全な作家」という扱いを受ける漫画家とか、
逆に、全然面白くない作品を作っていても「非実在青少年の性描写」さえしていなければ
「健全な作家」として扱われるひとも現れたり…なんてことに…ひどすぎる。
作家同士が、純粋に作品の面白さで競い、高めあうことができなくなるなんて、
そんな社会こそよっぽど「不健全」というものでしょう。

漫画、アニメ、ゲームが好きなひと、
自分の好きな作品を片っ端から全部、思い浮かべてみてください。
その作品を守るためにできることを考えてみてほしいと思います。











この381 行ってきた。

行ってきました、東京都青少年健全育成条例改正案についての集会。
(東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイトはこちら
(このことについて書いた日記はこちら(前々回)とこちら(前回))


最近お気に入りの、ピンクの総ドクロ柄のパンツは引き出しにしまって、
グレーのワンピースに黒いパンプスで地味~に出動しました。
行く前から、直接漫画と関わる仕事でない友人知人らからも、
「どういうことになっているのか経過を教えてね」と念を押され、
友らの関心の高さに勇気付けられ、胸熱くさせつつ、
それにしても責任重大だなーとちょい焦りつつ。

でも、「集会」だし、”「団結せよ!オー”みたいな感じだったらヤダナー…”
なんてちょっと不安だったのですが、着いてみたら、
”「団結せよ!オー」みたいな感じだったらヤダナー…”ふうのひとばっかりで安心しました。
そりゃそうだよなあ、そうかんたんに「団結!」できるようなひとは
漫画家のような仕事にはなかなか就かなそうっぽいもんな。


で、行ってみて。ちょう面白かったです。

こんな面白いもんタダで見れてラッキー、
チケット代払ってビール飲みながら見たいわーってぐらい、
すっごく面白かった。
オタクの風刺・批判魂を刺激すると、
「政治の集会」もこんなに面白くなっちゃうのかあ、って。さすがです。

家でネットで調べても、情報を把握するのがたいへんで、
それでも雑多なものから難しいものまで情報はあとからあとから押し寄せてきて、
もう、把握してるのかしてないのかもわからず、
把握していることもほんとは把握できてないのかもしれない、
なんてまさに情報の洪水に目がクルクルしちゃってたけど、

自分の足で、「それ」を言っているひとに実際に会いに行って、
顔を見て話を聞く、ということがいかに重要か、
いかに多くのことを教えてくれるかをひしひしと感じました。
ネットの、「転載します、だれそれがこう書いてます」の伝播ヂカラは
凄まじいけれど、私にはそれだけじゃやっぱり心許なかった。
出どころ周辺を自分の目で見に行けて、すごく安心しました。
単独行動派の猫だって、集会ひらくもんな。猫すげー。



私が知りたかったことは、

”青少年の健全な育成のため”に、
青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべきではないから、
”非実在青少年(18歳未満)の性描写”を規制するならば、

”非実在成人(おとな)同士の性描写”が
実在の青少年をみだりに刺激するぶんにはOKといことになる。

だとしたら、この条例の内容ではもともとの目的である
「青少年の健全な育成」は、果たせないことになりますよね。


とかそういう条例にひっかかるケースの具体的な例とか
だったんだけど、こういった細かなところは、
「可決されてから決めていく」って
話なんだって!なんだそりゃ~!


集会に行ったおかげで、私が言うまでもないことと、
それでも言いたいことが整理された気がするので、
お手紙の文面も考えやすくなった気がする。


あとは文章力の問題でございますわね…
ここはおとなとしてがんばらねば。



私は、税金の上がり下がりにしろ、
少し前なら「住基ネット」とか、「盗聴法」とか、
「いやだよずるいよ」って思いはあっても結局決まってしまったものに
しぶしぶ従っていく、大多数に、きっと今回もなると思う。
でも今回は、ちゃんと、何がどうしてそうなってくのかを見ていきたい。
できることがあるなら一生懸命やって、
この先も見続けていきたいと思っています。


この380 こしみつ

しむらさんのツイッターより

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


RT @mitsueaoki: RT @anygminfo: RT @ultramanjoe:
青少年健全育成条例について、月曜日に以下のような動きがあります。
転載可なのでできるだけ多くの方に知らせてください。http://bit.ly/9Oc1Jt


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こういうのって、ほんとうに数あつまればそれで良いのかって、
私にはわからない。

『あたしバカだからわかんなーい』とは言いたくないけれど、じっさい、
私は私自身の知能にあまり期待していない。できん。
『断言しよう!わからない!!!』って思うことしょっちゅうある。

だから、ひとの話を聞いてこようと思う。
このことで、まだ誰とも話、しあってないから。


--------------------------------------------------

今日は「逃げ腰ミステリーツアー」の原稿が終わったので、
友達に会いに行く。晴れて良かった。

正式名称
「地獄の果てまで行ってこい!!イシデ電の逃げ腰ミステリーツアー」
『ミステリーサラ』にて連載中、毎月13日ごろ発売です。

タイトルが長いので、メールをくださる読者の方々は
「逃げ腰」とか「ミステリーツアー」とか、
「逃げミス」とか「逃げ腰MT」とか、
各自で呼びやすい略称をつくって呼んでいる様子。
私は心の中では「こしみつ」って略しているよ。誰にも言ってないけど。


『ミステリーサラ』と『ミステリーブラン』は今、
私としむらさんの間で大流行中で、もう、
取り合うようにして読んでいるのだけれど、
このブームがもっと拡大すればいいのにって思う。


ところで、「え、もう発売してんの?」ってくらい早く、午前中とかに
感想メールを下さる方がときどきいるのだけれど、
本屋まで走って買いにいってるのだろうか。
ころぶなよ。


この379 東京都青少年健全育成条例の改正案

「いよいよ私も被告になる日がくるのか」って、
「まあ、それでもかくけどね」って思った、
馬鹿な漫画かきは私だけじゃないだろうなあ。
そういうひとがすごくすごくたくさんいるなら、
みんななかよくお縄になるのも馬鹿馬鹿しいし、
やっぱり「決まり」のほうをどうにかするほうが道理だろう。


「非実在青少年」くん17歳は寝るし起きるし風呂入るし
弟とチャンネル争いするし試験勉強中に部屋の掃除始めるし
ソース味のもんばっか食うし滝見て感動したりするけれど、
エロいことはしない。したいと思わない。考えない。

ガールフレンドとけんかしても仲直りのキスはないし、
風が吹いてもスカートなんかめくれないし、
女子はみなB~Cカップのオッパイ揺れないように
ダブついた服で執拗に隠して着膨れしてるし
赤子は皆、いつのまにか存在しているし。

ほかにない?エロいもの。
汗は?まつ毛は?唇は?指は?関節は?筋肉は?ハイソックスは?
地下鉄職員の制服は?ギリシャ彫刻は?かたせ梨乃は?
全部禁止!
なにこの世界。コメディの設定か?

欲情することが不健全なら、人類皆不健全じゃんか。
17歳の昨日まで不健全だったものが
18歳になった今日からいきなり「健全」になるなんてことあるか?
なんでそこまでセックスを目の敵にすんのかね。モテないの?

ダメならダメで、「エロいもの見れない環境」と、
「見られる環境」を区別するやりかたを考えるべきで、
創作の中身に首突っ込むなんてどうかしてる。
ほんと、上に書いたみたいな茶番だらけになっちゃうよ。
想像を法でどうにかしたいならせめて、想像力のある人間にやらせろや…

…と、このように、
私が書くと、どうにも口と頭が悪すぎて、
まっとうな呼びかけにならないので、
知恵をお借りします。

以下、藤本由香里さん(評論家 明治大学国際日本学部准教授)のmixi日記を一部転載させていただきます。

----------------------------------------------


東京都「非実在青少年」規制について


すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、2月24日に、東京都青少年健全育成条例の改正案が出され、その中に、「非実在青少年」(つまり実写でなく、マンガ・アニメ・ゲームに出てくる青少年)への規制が盛り込まれています。
これは、 「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」と規定されており、つまり設定が18才以上になっていても、「18歳以下に見えれば」ダメ、ということです。
 つまり、国の方で何度も改正(改悪)が話題に上りながらも、反対が多く先に進まないでいる「児童ポルノ法」における、「単純所持規制」(=とくに売買する意思を持っていなくとも、「児童ポルノにあたるもの」を単純に「持っている」だけで逮捕)、「マンガ・アニメ・ゲームその他、画像として描かれる青少年の姿にも児童ポルノ法を適用する」というもくろみを、都の条例で先に決め、規制してしまおうという法律です。
 なので、今のところ罰則はありませんが、「単純所持」も禁止されています。
 おまけに、上記に規定された意味での「児童ポルノ」(つまり非実在青少年を含む)の根絶に向けて努力し、都に協力するのが「都民の義務」と規定されています。

第十八条の六の四 何人も、児童ポルノをみだりに所持しない責務を有する。
2 都民は、都が実施する児童ポルノの根絶に関する施策に協力するように努めるものとする。
3 都民は、青少年をみだりに性的対象として扱う風潮を助長すべきでないことについて理解を深め、青少年性的視覚描写物が青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害するおそれがあることに留意し、青少年が容易にこれを閲覧又は観覧することのないように努めるものとする。

 これだけ読むと、青少年が読まないよう留意すればいいのかと思うかもしれませんが、成人が読むものもすべて、規制の対象になります。
都条例の改正案の全文は以下で読めます。
このうち、後半の、とくに赤で反転してあるところが重要な部分です。
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-cbc1.html

また、今日、いままさに行われている緊急集会のお知らせ
http://icc-japan.blogspot.com/2010/02/blog-post_27.html
も含め、この問題に関する基本情報をまとめたサイトは以下です。
http://mitb.bufsiz.jp/

「18歳以下に見える」とか、「不健全」とか、いくらでも恣意的に解釈できる条文の上に、これらの規制を推進しようとする都に対し、全面的に協力するのが「都民の義務」とするなど、これは戦前戦中のファシズムか? 「非国民」!とどこが違うの? と言いたくなるくらい問題のある法律なのですが、問題は、

今の状況だとほぼ間違いなく、この法律は通ってしまう!

ということです。
 そして、出版社のほとんどすべてが東京に集中している中で、この法律が通ることは、国の法律ができたのと同じ効果を持ちます。
 にもかかわらず、不思議なことに、ネットでも、マイミクさんの日記やMLでも、この問題はほとんどまともには話題になっていません。おそらく、あまりにもばかばかしい規定ゆえに「半笑い」的なコメントが多く、みんな「こんなばかばかしい規定、通るはずない、と思っているのだと思います。なぜかネットでも、個人のブログや痛いニュース以外に、信頼できるとされる一般メディア(新聞系のニュースなど)でこれを取り上げているところはないし、新聞でも報道されていないので、みんな冗談だと思っているのだと思います。
 けれど、繰り返しますが、

 今の状況だとほぼ間違いなく、この法律は通ってしまう!

 2月24日に案が発表されて、都民が意見が言えるのは25日まで(つまり1日だけ)。
 議会での質問が許されるのは3月4日(代表質問)・5日(一般質問)だけで、これも数日前には質問を提出していなければならない。(つまり議員でさえ、検討できるのは3日程度)
 で、18日の13:00の付託議案審査がもっとも重要で、今月末には投票、決定、ということになります。

 現在、都議会の会派は石原都政与党(自民、公明、平成維新の会)が62議席、石原都政野党(民主、生活者ネットワーク、共産、自治市民)が65議席という構成です。
 野党が全員反対にまわれば、否決できるのですが、今のところ、民主党内ですら、意見統一がとれていない。知人によれば、

①都議では野党の民主議員が全部法案可決に反対しても過半数に満たず、
民主自体もきれいに可決反対で意見がまとまっているわけではない。
②今回はこの法案はケイタイ・ネットに関する法案とセットで提出されており、
このケイタイ・ネット関係の法案はちょっと現段階ではあまりに穴がありすぎ、ほぼ通らない
ということになっていて、それが災いする可能性も高い。つまり二つあげたもののうち二つともが
否決されることは珍しく、ひとつを通さない代わりにひとつを通すということは議会ではよくある。
こうしたことから、この法案は何もしないでいると通る可能性が高いだろう」

ということです。
 けれど、先日、もう賛成を決めているからダメだろう…と言われていた、「生活者ネットワーク」の議員さんにヤマダさんたちと一緒にお話をしに行ってきたら、ちゃんと聞いてもらえた、という感触を持ちました。そして、この法案の危険性を訴えたのが、ほぼ私たちが初めてのようだったのが印象的でした。
 都議の方たちも、あまりにも現場から何も反対の声が上がってこないので、不思議に思う状況のようです。現場から反対の声があがらないとどうしようもない、との声も聞かれました。
 私もあまりにみんな騒いでいないので、半信半疑だったのですが、各方面に確かめても、「このままだと通る」ことは確実です。
 まだ間に合うかもしれません。広報の手段を持っている方は、この法案の危険性を、早く、広く、伝えていただければと思います。


 また、今いちばん効果があるのは、議員さんへの直接の働きかけです。
 以下に方法と気をつける点がまとめてありますのでご参照ください。
 


都条例への反対方法


【都議にメッセージを送る際の注意点】

※東京都議に、メールか手紙がよい。
 手書きの手紙は、年配の議員さんにはとくに効果的だそうです。
 現在、メールは殺到して読めていないようですので、封書・ハガキが効果的。とくに封書は効果的なようです。
 
※FAXは、たくさん送られてくると迷惑をかけるので禁止。

※もし、自分の地元の議員さんがいたら「○○区の住民です。活動の御様子応援しています」など、最初に入れたほうがよい。

※名前と連絡先(住所)を記載すること。記載できないような内容のものは送らないこと。

※中でも、民主の議員に意見を送りるのが、一番の早道のようです。

※もちろん、みなさんが信じ応援し投票している政党の議員に、声を届けることが大切です。その際は「いつも○○先生を応援し、一票投じさせていただいております」など、伝えるとよい。

※だれかの文面をコピペするのではなく、あくまで参考に留め、なるべく自分の言葉で伝えること。

※初めてお手紙を送るような、礼儀正しい文面で送ること。

※内容を整理して、短めに送ること。

※脅すような内容は、絶対ダメです。

【議員の連絡先】
民主党・都議会議員名簿
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/membership/japanese_syllabary.html

生活ネットワークみらい・都議会議員名簿
http://www.togikai-seikatsusha.net/modules/contents3/index.php?id=1

自民党・都議会議員名簿。
http://www.tokyo-jimin.jp/introduction/m01.php

共産党・都議会議員名簿。
http://www.jcptogidan.gr.jp/togi02/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【条例全文の書類データ】
http://www1.odn.ne.jp/himagine_no9/20100224.pdf

【最新の状況の、一番まとまった記事】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103_2.html

【条例を検証した内容】
http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-cbc1.html

【全体のまとめサイト】
http://mitb.bufsiz.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考
「弁護士ヤマグチ貴士大いに語る」
※記事の上部はすべて条文紹介ですが、下のほうに問題点の指摘と、反対方法についての記述があり、とくにお願いすると効果が大きいと思われるキーパーソンの議員さんのお名前とご連絡先もあります。
 http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/03/post-a2d1.html






-----------------------------------------------------------------
以上です。記事を2つお借りしましたので、つなぎの部分の文をすこし変えました。

そんなひといないと思うけど、
「私はエロ漫画家じゃないから関係ないや」と思っている漫画家のひとが
もしいたとしたら、それは間違いです。

”青少年の性描写”を『反社会的』とし、
法が創作の中身をいじくれるようになるということは、
今後、世の中の流れ次第では、
”「お上にとって都合のよくない漫画」は『反社会的』であり、
エロかろうがエロくなかろうが、規制の対象になる”
そういう社会への第一歩を踏み出すことにつながると思います。


私も今回ばかりは
毒舌飲み込んで、無い知恵絞って
メッセージ考えようと思ってます。




(余談。猫の発情と性描写はどうなんだろう…あいつら、性欲、半端ねーし。)





この378 (一般)

ウォークマンに音楽をとりこむときに、
「アーティスト名」とか「リリース年」とか、
その楽曲の情報が表示されるんだけども、
その中に「ジャンル」っていうのもあって、
誰が決めているのかわからないけど、
「演歌」とか「現代」とか「ロマン派」とか「弦楽器」とかって、
けっこう細かく分けられている。

その中に
『パンク(一般)』っていうのがあるんだけど…

『パンク(一般)』…

パンク…(一般)…

ほんとやめてほしい、見るたびにせつなくなる。

「私ってよく”変わってる”って言われるの~やんなっちゃう」って
ゆってるひとに向かって、
「えー!?全然ふつうのひとなのにね!」とか、ゆっちゃう…
みたいな、なんかこう、なんかこう、残酷なこう…
と、とにかくやめたげて!!

「一般でない」ことを特徴にしてるようなひとらに
なんつー身も蓋もない名前くれちゃってんの。

せめて『ロック(一般)』て、大枠の中におさめるか、
それかもういっそひとおもいに
『一般』てぶったぎっちゃってよって思う。

なんでわざわざ『パンク』って掬い上げてから、
「…まあ、『一般』的なやつですけどね」なんて突き落とすのさ。
なんで好きでもないのに”付き合って”なんて言うのさ!!


サンボマスターをかばいたくなる。
頼まれてもいないのに。はー。







ツイッター情報、メッセージくださってありがとうございます。
はしレンジャーの方々からもいろいろ教えてもらったり、
ご無沙汰している方から「ツイッターやってるよ」メッセージをいただいたりして、
うれしかったり楽しかったり、思いも寄らない意見を頂戴したり、
勉強になりました。
で、いろいろ総合して考えてみた結果、今の私には
「ツイッターやったほうが良い理由」より、
「やらないほうが良い理由」のほうが多いみたい。
とりあえず、漫画をかくことと、
それともうすこしブログの更新頻度を上げることを優先し、
しばらくは「いいな、ツイッター、楽しそうだなー」と指くわえて眺めることにしました。


ところで、はしレンジャーのひとたちは、私が
「煮物は一晩寝かせたほうがおいしいのに、
鍋は煮えたそばから食べてもおいしいのはなぜだろう」みたいな、
親からも面倒がられるような疑問を投げかけても
がっつり議論して、いっしょに考えてくれます。
自分で話ふっといてなんだけど、労力を惜しまないひとたちだなあ…といつも感動する。








この377 このごろ(特になし)

乗りかかった船が多くて、
なかなか「私という猫」がかけずにいます。

漫画以外の船には乗っていないつもりなので、
ちゃんと出航できれば、遅かれ早かれ
何らかの漫画を何らかのかたちで皆様にお届けできるはず。です。

とはいえちょっと息が上がっている。
孤独癖が強くなってきていて、まずいなあと思いつつも
ひとに対して、いろいろちゃんとしていない。
いろんなひと、遅ればせながらお誕生日おめでとうございました。



最近、「ツイッターやって!」、というメールをときどきいただくのですが、
友達いないのがもろにバレそうで、踏み切れずにいます。

うっかり、
TVCMのどうでもいい悪口とか書きそうだし、
立派なウンコが出ましたとか書きそうだし、
酔っ払って「寂しいよー!」とか書きそうだし、
想像しただけで恥ずかしくて死にそうだし。

それと、誰かに宛てて書いた返信の文章にまで、
さらにそれの返信に宛てて書いた文章にまで、
責任を持ちきれない気がするから。
そんなような理由で以前、
ブログのコメントを受け付けないようにしたのだけど、
もしかして、ネットで公開する文章に責任を負うとか負わないとか、
そういう考え方自体がもう古いんだろうか。

ツイッターバリバリやっているひとは、
その辺をどのように考えているのかを、
ツイッターやって訊いてみたい気がした。

でもまだ踏み切れずにいる。
「ミスド寄ってくけど、おみやげ、
オールドファッションとポン・デ黒糖どっちがいい?」とか、
メールで済ませられることをうっかり書きそうだし。



でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ