この354 ふぐごめん、の思い出

美容院で洗髪をしてくれた青年が、
「山口県出身」だとかで、
そういう話題に入った瞬間、私は
「やばいやばいやばいやばい」と思っていて。

私は、山口県のことは何も知らない。
というか、ほとんどの県のこと何も知らない。
生まれ育った東京や神奈川のこともけっこう知らない。
だから、もう、文豪のだれそれがどうしたとか
幕末のだれそれがああしたとかいう話題は
全然振れないし、振られても答えられないのです。

自慢の「城」の話とかされたら、「ああ…はあ…」みたいな、
ものすごく失礼な対応しか出来ない自信があるので、
あわてて先攻、
「山口県のおいしいものって何ですか?」と尋ねたところ、
「ふぐ」という。

出た!「ふぐ」!
「下関のふぐ」!
一回だけ食べたことある!ふぐ!アレね!

アレかー、そうかそうか。まいったなあ。


美容師さんが言うには、東京ほどではないものの、
下関でもふぐは高級魚で、ぜいたくなものだという。

彼は帰省すると、「せっかくだから」ということで、
仲間とお金を出し合って、ふぐを食べにいくのだそう。
(↑奮発すれば、若者同士でもふぐ料理を食べられちゃうっていうあたりは、
さすがご当地!って感じがする)

そして彼は、東京に戻ってから、気心知れた友人らと食べた
かの日のふぐの味を振り返るのだという。


「…や、おいしいはおいしいんスけど、
ふぐの味思い出そうとして思い出すのって、いっつも
”ポン酢”の味なんスよねー…」

下関のひとの口から飛び出したそのひとことで私は、
一気に許された気がしたのでした。

ふぐごめんなさい。
私の、ふぐ食べたときの感想、おんなじだわ。

や、おいしいはおいしかったんスけど。


でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ