スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この424 《猛暑たまご》への道 1

この夏の数日間、情熱を注いだ《猛暑たまご》への道をまとめます。


それは、平野レミさんのツイートから始まった。

『そうそう、今日メチャクチャ暑かったから、日光で目玉焼き作れるかまた実験してみたの。
庭に置いたり車の上に置いたり、レミパン持ってうろうろ。でも全く焼けないのね~。
でもあきらめないわよ!明日は必ず成功させるんだから。』

素敵。さらにこれを見て「自分も挑戦した」という方が現れ、私も面白がって、

「直射日光の熱で焼くのは難しいでしょうね。ひとも死んじゃいますから。
フライパンではなく、熱々のアスファルトか車のボンネットなどにアルミホイルを敷いて、
そこに玉子を落としたらどうでしょう… 」
「これ、先程撮ったのらです。日向の鉄板の上で焼き猫になるどころかむしろ涼んでいました。
道は険しいかもしれません…
などと横槍を入れたりしていた。

0818_1.jpg
鉄板の上の猫。

翌日8月19日。
ほんとうに「猛暑」で目玉焼きは焼けるものなのか、
あらためて外に出てアスファルトや洗濯機やブロック塀など、
熱くなっていそうなところを探してみたものの、この日の天候は、やや曇り。
そんなに熱くない。

日差しの暑さよりも地表の熱のほうが高そうなので、
まずはフライパンだけをよく温めるか、ホイル焼きにするか。
生卵がフライパンの熱を奪ってしまうので、入れっ放しにせずに、
さきに空の状態で温めてから、常温に戻した玉子を落とす。
またはふたをしめて蒸し焼きにするか。

いろいろ予想し始める。

あ!もしかして、黒い紙かアルミホイルで玉子を丸のまま包んで
ブロック塀の上に置いておいたら、温泉たまごにならないかな。

0819_01.jpg
包んでみた。

すると、一連のツイートを見た方から
『ある程度密閉できる小さい容器に水と一緒に入れて、
それを黒い紙か何かで包んだ状態で置いたほうが良い』という指摘をいただいた。

早速こんなものを作った。

0819_02.jpg
卵の背丈に合わせて切ったプラカップに生卵と水を入れて、できるだけ密閉

0819_03.jpg
黒い色画用紙で、ぴったりサイズのケースを作る。

0819_05.jpg
さらに密閉。

0819_06.jpg

私はこの卵と実験に《猛暑たまご》と名を付け、
アルミ箔で包んだものを《猛暑たまご1号》、黒いケースに入れたものを《2号》とした。

あとは日向に設置して、猛暑を待つのみ。
熱を集める時間のために、朝から置いたほうが良いのか。
昼の、地が熱々になってから置いたほうが良いのか。うーん。

翌20日。
0820_01.jpg
天候はくもり。予報では最高気温30℃。連日の猛暑がおさまったような涼しさ。
洗濯機の上に《猛暑たまご》を設置した。
天気が心配だったが昼に向かって徐々に晴れ間が見えてきた。

触ってみると、1号、2号ともに温まってきている!

しかし、置いている洗濯機のふたや、封に使ったビニールテープのほうが熱い。
紙やアルミ箔は意外と温まりにくいのかもしれない。

調べてみると、卵は約65度で凝固するそう。結構な熱が必要。


0820_02.jpg
と、たまごのケースから水が!

中で何が起こっているんだ!?
漏れ出した水に触ったら温かい!人肌くらいだろうか。

しかし《猛暑たまご》2号、改良の余地ありすぎかも…


日が暮れ、猛暑たまごを回収。早速割ってみることにした。



《猛暑たまご》への道 2 へ】



でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
なまピなまポ
http://
namapinamapo.tuna.be/

【コミックス発売中!】

画像をクリックすると
Amazonページへ飛びます



逆流主婦ワイフ(2)
(KADOKAWA)


土曜ランチ!(2)
(竹書房)

wife_hyo1_151202.jpg
逆流主婦ワイフ
(KADOKAWA)

nekojima.jpg
ねこ島出張所の人びと
(電子書籍、集英社)

doran01.jpg
土曜ランチ!(1)
(竹書房)

mochisuka.jpg
餅巣菓さんに呼ばれる
(集英社)

lovebo02.jpg
ラブフロムボーイ(2)
(電子書籍、朝日新聞出版)

miyakomoomoo.jpg
みやこむーむー
(小学館)

nigegoshi.jpg
逃げ腰 怨さんぽ
(実業之日本社)

51jN82yzwRLSL150.jpg
私という猫(新装版)
(幻冬舎コミックス)

yobigoe.jpg
私という猫~呼び声~
(幻冬舎コミックス)

lovebo.jpg
ラブフロムボーイ
(朝日新聞出版)

gekkobasi.jpg
月光橋はつこい銀座
(幻冬舎コミックス)

wata_kyu.jpg
私という猫
(幻冬舎コミックス)

real2.jpg
リアルワールド 下
(小学館)

rial1.jpg
リアルワールド 上
(小学館)

【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。