この427 《猛暑たまご》への道 4

《猛暑たまご》 とは…
『この、茹で上がるような”猛暑”で、本当にたまごを茹でてみよう』という試み。
《猛暑たまご》への道 1 へ
《猛暑たまご》への道 2 へ
《猛暑たまご》への道 3 へ


22日、夜。
《猛暑たまご》6号 をつくる。

5号は失敗だったけど、ホットのペットボトルは使い勝手が良かった。
今まででいちばん敢闘した3号の「黒塗りジップロック」とを合体させて、




0822_04.jpg
必殺!黒塗りペットボトル!




0822_05.jpg
卵と水を入れて、黒いビニールテープで封をする。




次はいよいよ、集光器。



私の理系のスキルは多めに見積もって小学3年生程度。
難しいことはわからない。勘でやるしかない。

「集光」ってんだから、光を集めて、そこに玉子を置けばいいのだと思う。



syuukouki_img.jpg

10人ぐらいのひとがそれぞれ鏡を持って輪になって、
光の当たる場所をひとつに合わせる感じを想像。



0822_06.jpg
ひとが手を大きく広げて輪になるようなイメージで、
適当に段ボールをざくざく切っていく。
合わせてみていびつなところはちょっとずつ削る。
これは目分量なので、型紙とかはありません。


0822_07.jpg
作業しにくくならない程度に段ボールをつなげて、アルミホイルを貼る。

そして、組む。うまくいきますように。



0822_08.jpg


できた!




《猛暑たまご》6号、完成!!

汗だくになった。猛暑だから!!!




翌23日。晴れ。早朝。
《猛暑たまご》6号を洗濯機の上に設置した。


0823_01.jpg
「洗濯機、すげーぼろくて汚い」とかかわいそうなことは言わないで。
人間で言うと思春期真っ只中の年季だからマジ傷つくし。




光が集まってそうなところ(勘)にたまごを配置。
0823_02.jpg


みるみる温まっていく《猛暑たまご》6号。いいぞー!




ここまでやって失敗したらいい笑い者。
笑われるのは別にいいけど問題はそのあと。

もう私には何のアイディアもなかった。
これがうまくいかなかったら、あとはもう、
ネットで「これで成功しました」ってひとの記事を探して、
そのとおりに倣うくらいしかできない。そんなのはいやだ。
ツイッターで応援してくれてるひとたちも「ふーん…」てなるだろうし、
何より自分がいや。

でも、ノープラン。あとがない。


昼に向かってどんどん日差しは強くなっていく。いい猛暑!
《猛暑たまご》6号もみるみる熱くなっていく。




がんばれ、《猛暑たまご》6号!





【つづく】



《猛暑たまご》への道 5 へ




でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ