この534 犬を描く日

シジュー過ぎると俄然おいしくなる食材があるという。
噂はかねがね聞いていた。

自分のそれは、紅しょうが。
以前は、一袋食べきれないから「吉野家」の小袋入り紅しょうがを10パック入りくらいで売ってほしい…とよく言っていた。
今なら余裕で完食できる。

37~8歳で急にまいたけの天ぷらが中毒性の高いメニューに変貌した。
ラーメンのたまごは半熟味付たまごより白い固ゆでがいい。
ごぼうから出るだしが沁みわたるように好きになった。
それからここ最近はなんだかさやいんげんがおいしい。

お味噌汁の具のいんげんは永遠に食べ続けられる気がする。
なにこの食感。キュッキュする、キュッキュ。
わたし何を食べているんだろう、なんだか食べ物じゃないような気もする。
でも止まらない。これメインは豆じゃないよね?皮?
いんげんのことだけぐるぐるぐるぐる考えてトリップしそうになる。

今日も家から出ず、お味噌汁を飲み猫をさわり漫画をかいている。
ほんというと何日か前から、商業誌掲載に向けたネームを作る手が止まってしまっている。
ブログの編集画面を開き、しみったれた愚痴を書いちゃあ消し書いちゃあ消す。

とはいえ完全に手を止めてしまうとみるみるへたくそになっていくので実作業は続ける。
ラジオを聴きながら次のコミティアに出すための原稿。
はじめて秋田犬に見える秋田犬が描けた。
次に描いた秋田犬は今ひとつで、その次のコマの秋田犬はからっきしだめ。
その次は最初の秋田犬よりもうすこし良い秋田犬になった。
猫を描くときのようにキャラクターごとに描き分けるまでには程遠いけれど、うれしい。
こういうことをまだうれしいと思えることに慰められる。
瀕死だけど一応まだ息はある。

お皿に移したお豆腐1丁に缶詰の味付けたらこをほぐして汁ごとどさっと乗せる。
すこしだけ醤油をたらし、焼き海苔をちぎってパラパラしたものをつまみにお酒を飲む。



でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ