この538 鉛筆を買いなおす日

寝るギリギリまで仕事をすると、体は眠いのに頭はカッカしてなかなか寝付けないことがある。
そういうときに手芸をする。
10分だけとか、20分だけとか。
気づいたら2時間くらい過ぎていることもときどきある。
そんなふうにして1か月たったか2か月たったか、ここのところずっと取り掛かっていた刺繍がようやくできた。
無地のショルダートートバッグにいろんなサルを刺繍した。
うれしくて何枚も写真を撮ってTwitterとインスタグラムに投稿した。
同じ手作り雑貨でも猫を扱ったものとサルを扱ったものではSNSでのひろがり方が全く違う。
サルはのんびり、猫はやはり勢いがある。
モノ自体の評価に「猫の人気」が大幅に加算され爆発的にひろがる。
こういうとき「猫に食べさせてもらってるなあ」と思ってしまう。
サルもたのしいよ、よろしくね。



フライドポテトを食べたいときに食べるフライドポテトはなんておいしいんだろう。
いもと塩と油でできたこの棒がなぜこんなに沁みわたるようにおいしいのか。
じゃがいもには波がある。
今みたいにいちいち打ち震えるほどおいしく感じる時期があったかと思うと、
べつに食べたいと思わない時期が年単位であったりする。

わたしが生まれる前には他界していた祖父が大のじゃがいも嫌いで、
自分が口にしないだけでは足らず、家族がじゃがいもを食べていると「じゃがいもは芋虫をすりつぶした味がする」などとグロいことを言って、妻や子供たちの食欲を減退させてはうれしそうにしていたという。
そんな愚痴をこどものころじゃがいもを食べている時に祖母や母からしょっちゅう聞かされた。
祖父を知る親族にはきっぱり否定されそうだが、彼の露悪的な気質は子孫にしっかり引き継がれているように思う。
憎まれ口やブラックジョークを好む親戚が複数名いる。
わたし自身の中にもそれを感じる。
一方で素直で心優しい親族もおり、まったく災難である。
温厚な兄はよくわたしの意地の悪い皮肉の餌食になっていた。
…みたいなことをぼんやり考えながら食べるフライドポテト、最高!


文房具店に画材を買いにいく。
すこし前にちょいと背伸びして買ったドイツ製の鉛筆がどうもしっくり来ず、三菱のおなじみの小豆色のやつを買いなおす。
安心。









でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ