この522 大根に感情移入する日

いつもとちがう大根を買ったらいつもとちがう。

なんだか床が濡れていると思ったらキッチンワゴンの上に1日置いておいた大根の葉が腐って床に溶けおちていた。
においを嗅いだら最近あまり嗅いだことのない、本物の生ゴミのにおいがした。
いたむのがいつもの大根よりずっと早い。

大根の葉はきざんで鶏つくねのたねに、皮はお味噌汁の具やきんぴら、葉の付け根の固いところとしっぽはだしをとったりと、いつもはあとかたもなく使うのだけどこの大根は洗っても土色がぜんぜん落ちない。
葉のいたみもあったことだしもったいないけれど皮は捨ててしまった。

我が家の大根の煮物は完全に味重視。さよなら栄養。
ゆがいてゆがいて35分、ゆで汁は解け出ているであろうビタミンCもろとも排水口へザバー。
それからだし汁といっしょにして火にかけ、煮立ったら味付けしてまた35分。
甘いのがいいときは甘く、しょっぱいのがいいときはしょっぱく。
だしと味付けの中間にはオイスターソース。
うちではオイスターソースを和食にも使う。頻繁に使う。
かき醤油の代用のように使っている。
代用どころか、かき醤油ほどしょっぱくなくかき醤油より旨みしっかりなのでふつうの醤油と合わせたときの味の調節がしやすい。
ずっと使いやすい。
もう、ふつうのサイズじゃまどろっこしいから大きいボトルで買っている。

鍋をバスタオルでくるんで時間をかけて冷ます。
そのあとは食べるごとに火を入れて煮をかさねていく。

しかしなんだか今日の大根はなかなか火が通らない。頑固だ。
腐りやすくて頑固、というのになんだか共感してしまう。
思えばいつもの色白つるんとした気のいい女将みたいな大根とちがってごつごつごろっと武骨で、心なしか重たい気がした。
きみはもしかしたらすごくおいしいんじゃないかね?とひいきの情がわいてくる。
皮も食べてみたらよかったかな。

…と大根のことばかりだらだら考えているうちにすこし飽きてしまった。
煮物はまだ食べていない。




この521 ひざをかばう日

冷やし中華は家で作るのがだんぜんおいしいという意見は意外に賛同されないようだ。
具が多いのが面倒、千切りが面倒だという。
それが楽しいんじゃないかあ。
切りごたえのちがう食材を黙々ときざんでいくのは気持ちがいい。
この夏もよく食べた。

何日か前からランジ(前に一歩踏み出して行うスクワットのような運動)でひざを傷めている。しかも両ひざ。
筋トレで腰痛が起こりにくくなったのがうれしくてついやりすぎてしまった。
頭痛薬の箱に書いてある「関節痛筋肉痛ねんざ痛にも」という言葉を信じて飲む。

そういえばずっと続いていた喘息がコミティア以降ぴたりとおさまった。
どんだけ心労にしていたのか。ともあれ助かった。
体調もだけれど通院と薬にかかる費用がなかなかにストロングであった。

喫茶店でとなりのおばあさん4人組の話が聞こえてくる。
やはり病気の話は盛り上がる。わかるー。
あとはテレビの話、家族の話、いない人間の悪口。
海外旅行に行きまくったひとの自慢話より、娘時代に福岡から東京に出てきたひとの話のほうが格段に面白くて構成の重要さについて考える。

ひとり「ハッピー」「悔いはない」「今が青春」などのポジティブワードを連発するご婦人がおり、言えば言うほど悲愴感が増す。
私は口をひらけば弱音と愚痴と自虐を吐くザ・ボヤキングであるが、どちらがいいんだろう。
どっちもあまり長時間いっしょにいたくはないな。

そうこうしてる間にひととおりネタ出しも済んだので続きは家で。
最近はネームをデジタルで作っているのだ。
イシデのくせにね!


この520 燃えるごみの日

ごみ出しのため飛び起きる。
やばい。すこし時間を過ぎてしまった。
回収はもう来てしまっただろうか。
とうもろこしのだしがらがどっさりあるのだ。

いまの街に引っ越してきて最初にとまどったのが、回収車が「いつのまにか」やってくること。
長く住んでいた神奈川県横浜市では、回収車が音楽を流しながらやってくるので、(ほめられたことではないが)ぎりぎりダッシュで持ち込むことが可能だった。
私が住んでいたころはクレイジーケンバンドの夜っぽい歌声が朝から響いていたが今も同じだろうか。
てなこと思いながら猫と寝直す。

腹へりである。
しかし今日は昼食をしむらさんと食べたい。
うーん。残り物の煮物だけつつく。
11時。

荷造り梱包用のロープがカタマリで届く。
ひもだけどでかい。座布団くらいある。
猫たちと取り囲んでうおお…である。
これを芯にして草履を編む作戦。何足作る気か。

昨年、無印良品の「インド綿のルームサンダル」の快適さに感激し、あわててもう1足買いに走ったがあっというまに売り切れてしまった。
1年待ってこの夏やっと追加購入。しかしまだあと1足ほしい。
洗濯機で気軽に洗えるので靴下のように履き替えたい。
いつしか自作できないかという思いがわいていた。
楽しみだなあヒッヒッヒ。

昼食後しむらさんの仕事場の片付けを手伝う。
ひとんちの片付けは楽しい。
自分ちは………………………………。

飲みのお誘いが2件。先約を優先させてもらったがどうもタイミングが合わずけっきょくお流れに。ちぇ。

ピザ生地にバジルソース塗ってベーコンときのことチーズ乗せて焼いたやつで家でひとりで飲む。




 

 

この519 尻言葉を思う日

苦いくらいに濃いウーロン茶でつくったウーロンハイが飲みたくなり黒烏龍茶のパックを買ってきて家で作ったところ大正解。
うまいうまいと明け方まで飲んでしまって大不正解。

スマートフォン片手にTwitterで起こったらしいゴシップを追うのに気をとられ土鍋のごはんを盛大に焦がすという悔やんでも悔やみきれない愚行。
おこげフレーバー強めのとうもろこしご飯にかぼちゃの煮物。
なんだか甘い御膳になったけどいいや。
お味噌汁ときゅうりのぬか漬けで朝食なんと14時。


トイレ掃除をしていたらふいに思い出した、だいぶ前に読んだネット記事。
たしか公衆トイレの便座ペーパーか消毒スプレーを使う派使わない派のアンケートをとったものだった。
使わない派の意見のひとつに「汚れてどうにかなる尻じゃない」という回答があった。

汚れてどうにかなる尻じゃない
汚れてどうにかなる尻じゃない

イイネ!
大切なことはどんどん忘れるのにこういう「で?」ってことばかりよく覚えている。



喫茶店で仕事。
ミックスサンドを頼んだら皿の上でのミックスではなくパンの中でのミックスだった。ハムたまごサンド。
ハムサンドとたまごサンド、別々に食べたかったのに。
毎度のことながらなかなか集中できず、例の「汚れてどうにかなる尻じゃない」の記事を検索してみるがみつからず。
ウーロン茶ウーロンハイはカタカナで「ウーロン」だけど黒烏龍茶は漢字で黒烏龍なんだよななんとなく、とか、
すいかと桃と梨は冷やして食べたい。
りんごと柿とバナナは常温で食べたい。
いちごは?常温。
メロンは?冷やす。
…などと実のない考えごとばかりして時間が過ぎていく。

作業のすすまなさを冷房のきつさのせいにしだす19時43分。



この518 とうもろこしご飯を炊かなかった日

9時すこし前起床。
朝っぱらから大きなシチュー鍋を引っ張り出してきて、冷凍保存しておいた大量のとうもろこしの皮と芯をゴンゴン放り込み、たっぷりの水で煮出す。
しっかりだしをとってこれでとうもろこしご飯を炊くという魂胆である。
包丁が切れにくい。そろそろ研がなきゃ、と思ってから一体どれほどの時間がたったか。

朝食はもちろんとうもろこしご飯。ではなくて、お味噌汁だけにしておく胃弱。
わかめ豆腐ねぎもやし。みそは麦と赤、半々。
胃腸の疲労には青じそがよく効く、かどうかは知らないが庭のプランターから3枚摘んでいいかげんにちぎってお椀に追加。
「カフェなう」といった調子で2匹の蚊に並んで脛を刺され腹が立つ。

天気がいい。
植木に水をやって洗濯。洗剤の香りがきつい。
重曹を小さじ3杯ほど洗濯機に追加して回す。
こうしておくと部屋干ししても生乾き臭がしない。気がする。

夕方。そろそろご飯の仕度をしようと思ったらバターがない。
我が家のとうもろこしご飯はとうもろこしのだしで炊いたご飯にバター醤油で炒めたとうもろこしを乗せるのである。
ごま油もない。オリーブオイルもない。
いくらしょっちゅう油売ってるからってこんな一度になくならなくたっていいじゃないか。
そういえば料理酒も切れていた。重いものばっかり。もういやだ。
全部なかったことにして焼き鳥屋で飲みたいがそういうわけにもいかない。
買い物袋を提げてスーパー。


…へ向かったはずが、本当に焼き鳥屋に入ってしまう。ひどい。
「ねぎまとなんこつ塩で、レバーたれで」じゃねーよ。
これは事故です。

バターもろもろ買って帰宅。
お米は朝とっただしに浸けてある。
ご丁寧に土鍋を使っているテンションが悲しい。
鍋ごと冷蔵庫にしまう。
庫内がぎゅうぎゅうで苦情のような異音を上げている。
22時。







この517 梨を食べた日

はいはいパース定規ベクターレイヤー。
漫画制作ソフトと明け方まで相撲をとっていたため完全に寝不足である。
勉強になったのかなっていないのかまだわからぬ。

燃えるごみを出したから私はまだ大丈夫。
すいかの皮やとうもろこしの芯。
夏の生ゴミはかさばるのですぐ冷凍庫がパンパンになってしまう。←生ゴミを冷凍して保管している。

作りおきのお味噌汁を飲む。
8時46分。

フル稼働中のしむらさんのお仕事場をのぞく。
アシ・レディに「テニスの王子様」ミュージカルの解説を受ける。
この作品は興味のない身からすると相当ヘンテコで困惑するばかりなのだけれど、好きなひとから見てもやっぱりヘンテコではあるという。
だからといって嘲笑含みの斜に構えた面白がり方をしているのかといえばそんなことはなく、ちゃんとその世界を正面から楽しみキャラに萌えキャストを応援し涙したりもするらしい。
いくつもの好きが織り成す愛なり。
ひとの好きなものの話を聞くのは面白いなあ。

レディの故郷から贈られたという梨のおすそわけをいただく。よく冷えている。
帰宅して仕事。



==========================
8月25日発売の「ミステリーサラ・子どもたちの事件簿」に「まやまや」第2話が再録されています。
駄菓子屋一家の4コマ漫画です。
画像をクリックするとAmazonページへ飛びます。





この516 急ぐ日

朝。
メス猫がうまいことうんちを切ることができずおしりにぶらさげたまま部屋じゅう逃げ惑うパニックで目が覚める。
こういうことはときどきあるけれど野良猫はどうしているんだろう?などとぼんやり考えながら手を貸す。
6時半。

なんだか胃腸が疲れている。
朝ごはんどうしよう、と思いつつも活動し始める元気がわかず猫と布団の上。
二度寝して何時に起きたのかは言わないでおこうフフフ。

秋のコミティアの準備も手つかずなのに、というか、商業誌に営業するためのネームもまだなのに、なぜか来年のコミティアの準備をあれこれ始める。
そういうことって人生にはあるよあるって。
いいの、いろんなことをちょっとずつ進めるの。
誰に言ってるの。

お昼は冷やし中華。ハムきゅうり錦糸玉子紅しょうが。
もうちょい野菜をと、味噌汁用の網杓子にわかめともやしを入れて麺といっしょにゆで、先に鍋から上げて冷やして水を切っておく。
甘酢醤油たれ派だけど今日はなんとなくごまだれにした。
なるほどねーと思いながらモッソモッソ食べる。
お皿を片付けに台所に立ったら水を切ったまま盛り付け忘れたもやしとわかめが乾いていた。ノー。

コミティアのあれこれをやっているうちに夕方。
シャワー。それから仕事。


でんやこのごろ ~イシデ電ブログ~

さまよったりちまよったしながら漫画をかいている。

プロフィール

イシデ電

Author:イシデ電
漫画をかいている。

menu
最新記事
Tシャツ DEN-ya
オリジナルTシャツ・バッグあります。
【コミックス発売中】
【メール】
漫画のご用命、 ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも里親募集中
おねがい

このブログはリンクフリーです。 トラックバックもご自由にどうぞ。 が!それ以外の使用はどうかやめてください。 当ブログ内の画像や文章を、 許可無く転載、流用(加工、一部使用)するのは ご遠慮願います。 ちょっとしたことでも使いたいときは、 ご一報いただければ割とあっさり承諾したりしていますので、 なにしろ無断で使用するのは勘弁願います。 それとあと、 当ブログの記事は、 事実をもとに構成したフィクションだと 思ってください。 よろしくお願いします。

FC2カウンター
ブログ内検索
月別アーカイブ
このページのトップへ